無添加のオールインワンジェルを選ぶ時のポイントとは?

オールインワンジェルで無添加を選ぶ理由

「忙しくてもお肌のお手入れはしっかりとしたい」という人に好まれているのがオールインワンジェルですがすべての人のお肌に合うようにできていません。お肌がデリケートな人にとってはすこしの刺激でお肌が敏感に反応してしまうものです。

お肌が敏感な人におすすめしたいのが無添加のオールインワンジェルです。添加物が使用される目的は防腐剤や保存料や香料、着色料でつかわれていますがお肌に刺激が強いので敏感肌の人には無添加のオールインワンジェルおすすめです。

無添加オールインワンジェルのメリットデメリット

無添加のオールインワンジェルのメリットとデメリットについて比較してみましょう。まずメリットはお肌にやさしいことです。美容目的に使用するのにお肌に攻撃性が少ない、または無いのが一番良いのは当然です。

デメリットとして消費期限が短い事があります。消費期限が短い理由には防腐剤などの原材料を使用していないからです。消費期限の記載の無いものは約3年程度といわれています。開封の場合は約3ヶ月程度です。

添加物が敬遠されている理由

添加物を使用している化粧品が敬遠される理由はなんでしょうか?大きな理由として使用している原材料が化学製品であることです。敏感肌の人だけでなくお肌に対して日頃からこまめにお手入れをしている人にとっても自分の顔に化学製品などの原材料を塗りたくないのは当然といえます。

一般的な添加物というとアルコール類や石油系、鉱物油系などです。特に防腐剤としてはハラペンやエタノール、石油系界面活性剤、合成香料、合成着色料、鉱物系、シリコンなどがあります。これらの材料をふくんだ製品を使用している製品を使う事はお肌に良くないという理由だからです。

無添加でも安全とは言い切れない

それでは無添加化粧品ならばすべての人が安全かといえばイエスと言えないのが現状です。理由としては自然のもの天然由来成分だからと言って安心して使えるわけではないからです。自然由来の成分であっても何が原因でお肌のトラブルになるか分かりません。

安心してその製品を使うのならばパッチテスト、アレルギーテスト、ステインギンギテストがおすすめです。これらのテストは自分でもできます。方法は非常に簡単ですので使用する前にやっておくことでお肌トラブルを回避することができます。

無添加のオールインワンジェルを選ぶポイント まとめ

無添加のオールインワンジェルを選ぶポイントは必ずメーカーのHPなどで何が使用されているのかチェックすることです。口コミだけでなく使用はしてる成分を確認することは非常に大切です。

使用する前には必ずパッチテストやアレルギーテストなどでお肌に影響がないか確認しておきましょう。お手軽にできるオールインワンジェルでもやっぱり安心して使いたいものです。

関連ページ:DHCアスタCオールインワンジェルの人気の秘密と口コミ